なつやすみのにっき

ザ・なつやすみバンドのたのしい交換日記だよ
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 秋ね | main | churrasco >>

ワクワクしてるよ

0
    ご無沙汰してしまいました!
    遊んでたわけじゃないよ!
    なつやすみバンド色々企んでます。動いてます。
    これからのこと、とてもワクワクしているよ。

    最近のこと(ぼくの回想)

    ☆10/1 小田晃生レコ発@町田 簗田寺
     久々にあたたかいイベントに立ち会えてとても幸せだった。簗田寺は何回か行ってるけど、COINNやそのメンバーである紘良くん(お寺の跡継ぎ!)ら、その家族友人たちのつくる空気感は本当にあたたかい。
     良い場所、良い音楽を守り続ける手段を彼らは実践している。みんながお手本とすべき現場。
     先日トノフォンやってたけど、紘良くんが建てた保育園とても気になっている!ぜひTNBも演奏してよ!と言われたのでいつの日か!

    ☆10/5
     簗田寺の翌日、実は千葉のキャンプ場で行われていた「はっけよい富浦」にてうつくしきひかりのライブがあったのだが、台風が来ていたのでキャンセルした。
     実はギリギリまで、急遽室内での演奏を打診されていたのだが、本当に申し訳ないのだが断った。
     もの凄く悩んだけど、でも、あくまで外で演奏するという前提だったから。
     「演奏できる場所があるならやれよ!」という意見もあるだろうが、そしてもちろんぼくの中にもその気持ちは常にある。理由があるならどこだってやる。
     でも、それが果たして必ずしも良い結果を産むのかと言ったらそうでない時だってある。
     僕らにだって守るものがある。

    ☆10/9 片想い@ペンギンハウス
     ペンギンハウス30周年ということで、昔よくお世話になった恩もあるので、片想いで企画をやった。
     こういう狭いライブハウスの対バン企画みたいなの出ることも減ったので、とても刺激的だった。
     ぼくが誘ったフジロッ久(仮)はとても気合いが入っていて、最高だった。敢えてトリをやってもらったんだけど、それは当然だ。リアルな現場感を鳴らせるバンドがトリをやるべきだから。
     久々に行ったペンギンはあのキャパであの爆音だけど奇跡的な鳴りだった。
     さすがあらゆるジャンルに対応してきた歴史の重みを感じた。
     イベント後、ペンギンハウス初めて来たお客さんたちの、その音響や雰囲気を賞賛する声が多くて、とてもいいことだなと思った。
     ちなみに後日グッドラックヘイワと一緒になって、野村卓史くんと話したら、グッドラックも初期はず〜っとペンギンのブッキングに出て鍛えられてたらしく、とても話が盛り上がった。
     片想いとグッドラックでペンギンでやるか!という話になったのでぜひ実現したい。

    ☆10/11 うつくしきひかりと惣田紗希「木漏れ日のうたが本屋をまわる」 @名古屋ON READING
     うつくしきとつんちゃんでレコードを出したので、何カ所かの本屋でツアーをすることになった。
     本に囲まれて演奏するととても哲学的な気持ちになる。
     演奏中無作為に目に入ってくる本のタイトルがその時の曲と自分の中でシンクロする時がある。
     持って行ったエレピのスピーカーが振動でビビるので、本番中にそこにあった本を取ってもらってそれを重りにしたら、その本が鳥の本だった。
     木漏れ日のうたは渡り鳥のうたなのだ。

    ☆10/12,13 片想い@STARS ON〜福岡
     台風直撃で開催も危うまれたSTARS ONだったけど、この日は大丈夫だった。
     昨年はオラリーが出れなかったので、今年はみんなで出れてよかった。
     STARS ONはとても良いフェス。なんだかんだ4年連続出ている。
     本当は打ち上げが最高なんだけど、福岡にいかなければなので、泣く泣くお先に出発。
     
     翌日九州に台風直撃。
     昼の時点で外はやばくて、人来るのかなぁ‥と心配になったけど、開演前、雨風の中、ライブハウスの前に列が出来てるのを目にしてかなりグッときてしまった。
     無論良いライブをしないわけにはいかないじゃないか!
     キセルもさらうんどもとてもよかった。こういう地方イベントの時こそカクバリズムの凄さを感じる。レーベルへの信頼感のムードを日本各地の現場に維持していることは凄いことだ。
     深夜、打ち上げのあと呑みたりないので片想いメンズで部屋で呑んでだんだけど、イルリメに声かけたら部屋に来てくれて、それがとても楽しかった。
     イルリメが最近ハウス作っていて、それがかなり本気のやつでかなり気になる。

    ☆10/19 チークタイム温度@BATICA
     ほんとにたまにしかやらないチークタイム。
     ラップは緊張する。
     でもライブはとても良かったし、フロアの反応もよかった。あと共演したミュージシャンの反応もすこぶるよかった。
     来年は音源リリースしたい!誰かライブ誘ってください!
     あと、共演者の女の子と錦糸町の話してたら
     「錦糸町のお風呂屋のともだちいますよ!えっと‥片想いってバンドやってて‥シンさんって人」
     というまさかの展開になり笑った(ちなみにチークタイムの時ぼくは、あくまでマンタスクールと名乗る。MC.sirafuではない)。


    ☆10/25 片想い@ボロフェスタ
     わけあって、当日入り。早朝出て午前中リハ午後本番。
     その日中に車で東京戻りなので、京都滞在4時間強。
     ゆーきゃんに久しぶりに会えた。彼は富山で教師をしている。
     大変なこともあるだろうけど、がんばってほしい。
     ボロフェスタもっと遊びたかったなぁ。

    ☆10/26 ザ・なつやすみバンド@ネスト
     なんだか久しぶりのライブ。
     大きい音で出来るのはいい。
     J×J×さんのDJが常に上げ上げで最高でした。
     年内珍しくTNBのライブ多いので、ライブモードにしてかなきゃな〜
     新曲もつくりたい!

    ☆10/28 うつくしきひかりと惣田紗希「木漏れ日のうたが本屋をまわる」 @代々木上原ロスパペロテス
     代々木上原の愛すべき本屋さん。
     なんで本屋を回ってるのかというと、いや、それより以前に本屋ならどこでもいいわけではない。
     もちろん僕らのレコードを置いてくれてる店でやるわけなんだけど、改めてつくった「もの」を置いてくれてるってことは重要だし、そこの流通こそがセンスというラインなんだと思う。
     日本中、いや世界中、希望の線が溢れ、結ばれることを望んでいる。
     絶やしてはいけない。

    ☆10/31 DQS@六本木スーパーデラックス
     ハロウィンパーティーという体だけで、内容はディープすぎて最高だった。
     パードン木村さんと千葉さんのセッションは最高だった。電子音と低音って本当にこれだけで良かったりもする。
     キングオブオーパスさんも初めて観れた!
     この前本屋でシュトックハウゼン&ウォークマン久々に流して聴いてたら、「久々に聴くとなんだこれかっこいいな!」という話にmap小田さんとなったんだけど。
     で、その時思ったのは、創作の前提にまず出音から始まるってのがあって。
     音から構築される方法論って、とても快楽的というか、信用できるんだよね。
     永田一直さんとも初めてお話できて良かった。やはりこの時代の現場経験は僕の糧だ。
     あと、永田さんに15年来僕の中で謎だった質問はぶつけたら教えてくれた!(恵比寿MILKでのとある永田さんのライブのこと)
     無論こんな最高な日なのでDQSのライブもすこぶる良かった。
     Dorianさんは本当に凄い。来年はDQS面白く展開できたらなぁ。
     






      







     


     









     


    - | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://natuyasumi.kataomoi.main.jp/trackback/448
    この記事に対するトラックバック